看護師の仕事内容と役割

看護師の仕事内容と役割

医療の場において患者とその家族にとって最も身近な存在なのが看護師です。看護師の資格は一生もののため、取得すると一度離職しても求人が多いので復職しやすく、長く活躍することができる仕事です。看護師になるためには国家試験に合格し看護師免許を取得する必要があります。看護職は看護師、准看護師、保健師、助産師とあり、大変多くの人が看護職に就いて働いています。それぞれ異なる役割を持ち、病院以外にも様々な場所で活躍をしています。

  • 看護師とはどんな仕事?

    看護師とは、医療や福祉、保健など様々な分野において医師の診療の補助や療養上のサポートを行う看護の専門職です。病院だけではなく、診療所や保健所、介護施設、保育所など様々な場で活躍しています。仕事は主に、傷病者若しくは褥婦に対する診療の世話、または診療の補助となります。看護師になるためには、看護師国家試験に合格し看護師免許を取得する必要があります。求人が多く、看護師は一生ものの資格のため、取得すると出産・育児で離職してもその後復職しやすく、長く活躍することができます。

  • 役割と重要性

    看護師は、看護の対象となる人々の療養上の世話や、医師の指示の下で診療の補助を行います。看護師には「健康を増進」「疾病を予防」「健康を回復」「苦痛を緩和」の4つの役割があり、これらはあらゆる人に対し普遍的に全うし、責任を果たすことが看護師として大切な役割です。医療従事者の中でも看護師は患者と関わる最も身近な存在であり、看護師に求められるのは患者を観察し異変に気付き、適切な処置をすみやかできる状況を作り出すことです。

  • さまざまなところから求められている

    看護師が最も多く働いている場所は病院や診療所です。看護職には看護師、准看護師、保健師、助産師とあり、大変多くの人が看護職に就いて働いていますが、病院や診療所以外にも看護が行われている場はたくさんあります。介護施設や訪問看護ステーション、地域の保健所や産業保健師、学校では養護教諭などとして活躍しています。現代人のかかる病気の多くは生活習慣病です。そのため、医療のためだけではなく予防のための看護が求められています。